カリフォルニアパティオ

BBQのための正しい道具とは

26th September 2008

BBQのための正しい道具とは

本来、普通のBBQは具体的な方向に熱々のものを吐き出すことに専念している火山の一部のようで、どんな位置にいても追いかけてくる煙を発生しているのですが。

BBQツールBBQの道具はそれに比べて、空対地ミサイルに対して比較的効果のない妨害物のようで、BBQに敵対心を抱いた行動に対する防御は、BBQフォークを地対地とする戦略的な配備により成し遂げられます。
この庭での習慣の重要な要素は、秘密兵器のスパチュラや防弾チョッキ代用品の防護服(綿のエプロンや軍手)によってサポートされているのです。
庭にある備品を制御本部(=グリル)から距離を置くことで“安全な空間”を作り出し、民間人BBQ犠牲者を最小限に抑えることを確保するのです。
この空間を食料/飲料物供給落下地点とすることもできます。

その他の考慮するべきルールブックがあります。
次回BBQグリルの前に立つ時、窓に映る自分の陰をチラッと見て下さい。
そのイメージは、力量があって堂々とした様子、具体的にはどこかソビエト労働就労所かダッドリー高等学校のキッチンから連れてこられた風貌でしょうか?
ある種、言い表せないような、見た目の料理のイメージ、確かな力量が感じられること、プロ意識とともに、ハンバーガーをグリルに落とさないことも重要なのですが。

“適切な仕事には適切な道具を”
これは、日曜大工が得意な私の父の言葉です。
“ダンテの地獄篇”のような灼熱の炎の先にカトラリーフォークを持った手を差し込み、ラッキーな場合は食べ物を返すか回収することができるでしょうが、この場合は12インチのBBQフォークを使った方が断然簡単でしょう。

“適した道具”は沢山あります。BBQフォークやスパチュラ、特注のバーガーバスケットも存在します。この便利な道具を使えばBBQがぐっと簡単になり、うれしいことに道具を揃えるのに、大金はいりません。

This entry was posted on Friday, September 26th, 2008 at 3:29 am and is filed under バーベキューマイスター. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can leave a response, or trackback from your own site.

チーフ奥村のブログ


エリック・ハラデレック
はじめまして。カリフォルニアパティオCEOのエリック・ハラデレックと申します。私の母国アメリカでは、日本のみなさまと同じようにBBQが親しまれています。アメリカでは20年前にガスBBQが私たちのライフスタイルの一部になり、今では一家に一台、みんなが好んで使っています。ガスBBQは簡単で便利です。私は日本にガスBBQの料理をはじめ、その楽しみ方を紹介していきたいと考えています。きっと、日本のみなさまにも楽しんでいただけると確信しています。