カリフォルニアパティオ

ガスバーベキューグリル教室 – グリルへの点火

4th January 2009

ガスバーベキューグリル教室 – グリルへの点火

グリルへの点火時はカバーを開けたままにし、取扱説明書の指示に従って下さい。強風の場合は、誰かに風よけを持ってもらうか、グリルごと風の弱い場所に移動して、点火した炎が強風で消えないようにすることが重要です。
絶対に閉ざされた場所で点火をしたり、グリルを使用しないで下さい!

一般的な順序としては
1) ガスバーベキューグリルのカバーを開ける
2) プロパンガスタンクのガス口を開ける
3) グリルのバーナー口一つを開ける
4) 点火装置を押す

バーナーの一つが点火したら、残りのバーナーを順番に開けます。
最大火力で5分〜10分予熱をし、グリルが調理可能な状態になるまで待ちましょう。
この予熱時に、残ったカスや油等を焼き去り、良好な状態で調理をすることができます。モクモクと出ていた煙が弱まってきたら、カスや油がなくなった目安ですので、バーナーの火力を調節し少し弱めて調理に取りかかりましょう。

点火時には、カバーを開けておくことをいつも覚えておいて下さい!

This entry was posted on Sunday, January 4th, 2009 at 3:14 am and is filed under ガスバーベキューガスグリル教室. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can leave a response, or trackback from your own site.

チーフ奥村のブログ


エリック・ハラデレック
はじめまして。カリフォルニアパティオCEOのエリック・ハラデレックと申します。私の母国アメリカでは、日本のみなさまと同じようにBBQが親しまれています。アメリカでは20年前にガスBBQが私たちのライフスタイルの一部になり、今では一家に一台、みんなが好んで使っています。ガスBBQは簡単で便利です。私は日本にガスBBQの料理をはじめ、その楽しみ方を紹介していきたいと考えています。きっと、日本のみなさまにも楽しんでいただけると確信しています。