カリフォルニアパティオ

外はカリカリ、中はジューシー、これがビール缶チキンの特徴です。

8th June 2010

外はカリカリ、中はジューシー、これがビール缶チキンの特徴です。

California Patio Presents

BB(^Q^) FRIDAY

3rd 【ビール缶チキン】

外はカリカリ、中はジューシー、これがビール缶チキンの特徴です。とても簡単なレシピ、しかも、パーティで話題になります。

ビール缶チキンは、ガスグリルやチャコールグリルでも焼きます。
(焼き時間は45分~1.5時間)グリルのフタを締める際、
チキンが立つように大きなバーベキューグリルを使用します。

START
1. Woodyグリルに火を点ける。
2. 材料をそろえる。
1.2kgの鶏
塩、こしょう
ビール缶
ビール缶チキンスタンド
肉温度計
アルミホイル
ビール2/3を飲んで、1/3が残っている状態。ビール缶をスタンドに入れます。チキンの内と外に塩、こしょをかけてからスタンドに差し込みます。
グリルにのせる。チキンの油がたくさん落ちますので、焼き網の下にアルミホイルをのせます。これは、チキンを焼き過ぎる状態を防ぐためでもあります。
Woodyグリルの中のチキン。バーベキューテレビみたい^^!
Woodyはガスグリルなので、だいたい45分で出来上がります。グリルによって焼く時間が違います。まる一匹のチキンを焼くとき、肉温度計で中のチェックが必要です。チキンの場合は82℃以上で出来上がりのサインです。
スタンドからチキンを外すとき、ビール缶中の暑いビールと気を付けて下さい。どうぞ、召し上げて下さい。
This entry was posted on Tuesday, June 8th, 2010 at 8:31 am and is filed under バーベキューレシピ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can leave a response, or trackback from your own site.

チーフ奥村のブログ


エリック・ハラデレック
はじめまして。カリフォルニアパティオCEOのエリック・ハラデレックと申します。私の母国アメリカでは、日本のみなさまと同じようにBBQが親しまれています。アメリカでは20年前にガスBBQが私たちのライフスタイルの一部になり、今では一家に一台、みんなが好んで使っています。ガスBBQは簡単で便利です。私は日本にガスBBQの料理をはじめ、その楽しみ方を紹介していきたいと考えています。きっと、日本のみなさまにも楽しんでいただけると確信しています。