カリフォルニアパティオ

良いものだけを、世界から。 バーベキューが大好きになるガスグリル!

ガスバーベキューグリル安全のコツ

LPガスバーベキューグリル安全のコツ

ガスBBQグリルを使用するにあたり、いくつかの重要な注意事項があります。参考資料としてリストにまとめましたので、よくお読み下さい。

LPガスグリル注意事項

* グリルは必ず換気のよい野外やアウトドアでご使用下さい。プロパンガスのシリンダーを室内や囲いのある場所、ガレージや地下などに持ち込まないで下さい。
* グリルに点火するときは、点火がしっかり確認できるまでカバーを開けたままにしておいて下さい。
* 必ずガスグリルの取扱説明書に従って下さい。また、取扱説明書は安全ですぐに手に取ることができる場所に保管して下さい。
* グリルバーナーコントロールが切れていることを確認して下さい。使用していないときは、シリンダーバルブを閉じた状態にして下さい。
* 使用後にグリルのカバーを閉じるときは、ガスグリルが完全に切られ、また温度が冷めているか確認して下さい。
* シリンダーを使用・保管するときは、必ず垂直に立てた状態で行って下さい。また点火の可能性がある可燃物から離れた野外で保管して下さい。
* シリンダーを交換するときは、必ず販売店でへこみや損傷、さびや漏れなどをチェックしてもらって下さい。
* 補充後は、直ちにシリンダーを家に持ち帰って下さい。その際には使用する自動車などの換気を、シリンダーバルブが閉めてあり、またプラグやキャップがついた状態で十分に行って下さい。
* グリルを使用していない時は、はずしたホースの先やバーナー空気吸込み口をビニール袋などで覆うか、LPガスを購入したときの保護用キャップなどで蓋をして、ゴミや昆虫、湿気を寄せ付けないようにして下さい。
* もしガス漏れに気づいたら、マッチやライターなどを使用してガス漏れをチェックすることは絶対に行わないで下さい。水と液体洗剤を半分ずつ混ぜた溶解液を使用し、接続部分のゆるみなどを調べて下さい。
* もし万が一重大なガス漏れや火災が発生したら、すぐに消防署に連絡をし、付近から人やペットを避難させて下さい。
* グリルに使用するホースのひび割れ、劣化、穴、漏れなどを点検して下さい。ホースや管に先の尖ったものがないようにして下さい。
* ガスホースを熱面や熱い油の滴からできるだけ離して下さい。
* 調理が終わったら、バーナーコントロールを切り、シリンダーバルブを閉めて下さい。

LPガスグリル禁止事項

* LPガスシリンダーを扱っているときは、喫煙しないで下さい。
* シリンダーを自動車の中などに置いたままにしないで下さい。
* ガス漏れ点検中にマッチやライターを使用しないで下さい。
* シリンダーやグリルで子供を遊ばせたり、改造させたりしないで下さい。
* 高温になる場所でシリンダーを使用したり、また保管、輸送を行わないで下さい。(替えのシリンダーをガスグリルの下やそばに保管することも行わないで下さい)
* ライター用オイルやガソリン等の燃料をグリルにかけないで下さい。

お問合せ
  1. (必須)
  2. (必須)
  3. (必須)
 

cforms contact form by delicious:days

Commentはできない。

チーフ奥村のブログ


エリック・ハラデレック
はじめまして。カリフォルニアパティオCEOのエリック・ハラデレックと申します。私の母国アメリカでは、日本のみなさまと同じようにBBQが親しまれています。アメリカでは20年前にガスBBQが私たちのライフスタイルの一部になり、今では一家に一台、みんなが好んで使っています。ガスBBQは簡単で便利です。私は日本にガスBBQの料理をはじめ、その楽しみ方を紹介していきたいと考えています。きっと、日本のみなさまにも楽しんでいただけると確信しています。