カリフォルニアパティオ

良いものだけを、世界から。 バーベキューが大好きになるガスグリル!

LPガスは安全?

 LPガスは安全?

プロパン(PLガス)は可燃性と爆発性がありますが、適切な配慮と取扱いをすれば多用途に使用できる燃料です。室内の暖房や調理、自動車の動力として使用されています。日本の経済産業省によると、3世帯に1世帯はPLガスを使用しているそうです。その数字は、2800万世帯となります。

実はLPガスはBBQグリルにも使用することができるのですが、日本ではあまり見かけません。
アメリカのHearth, Patio & Barbecue 団体によると、1700万のBBQグリルが2007年に販売されました。その内、59%がガスグリルでした。
アメリカでここ20年以上、木炭グリルの売上が下がり、その反面ガスグリルの売上は3倍となりました。このグラフをご覧下さい。
ガスグリルが急に売れ出した訳は、BBQをするのにより安全で簡単だからです。
2008年3月にアメリカの家族400世帯以上にアンケート調査を行った結果をご紹介します。

出来上がりの味が好きだから− 90%
出来上がりの味が家族に好評だから− 86%
後片付けが簡単だから− 76%
食事の用意が簡単にできるから− 74%
人を楽しませるのにおもしろい方法だから− 71%
グリル調理はヘルシーだから− 66%

それでは、もっとLPガスに関する安全性をご紹介しましょう。

* LPガスは、他の燃料の選択肢と比べて、燃焼範囲が最も低いです。
* LPガスのガス漏れは簡単に発見できます。安全対策のため、腐った卵のような臭いを付けています。
* LPガスは毒性がなく無毒の燃料であり、海洋や土壌を汚染することはありません。
* ガソリンやアルコール燃料と違って、LPガスは吸い込む心配がありません。通常は圧力で密封されたボンベに入れられ、ボンベから放たれると内部で気化します。
* LPガスは華氏940度(約摂氏504度)に達しないと空気中では発火しません。それにひきかえガソリンは華氏430〜500度(約摂氏221〜260度)で発火します。
* もしLPガスが漏れても停滞することはなく、すぐに空気中に消散します。

Commentはできない。

チーフ奥村のブログ


エリック・ハラデレック
はじめまして。カリフォルニアパティオCEOのエリック・ハラデレックと申します。私の母国アメリカでは、日本のみなさまと同じようにBBQが親しまれています。アメリカでは20年前にガスBBQが私たちのライフスタイルの一部になり、今では一家に一台、みんなが好んで使っています。ガスBBQは簡単で便利です。私は日本にガスBBQの料理をはじめ、その楽しみ方を紹介していきたいと考えています。きっと、日本のみなさまにも楽しんでいただけると確信しています。